スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

発酵マット 作成

初夏の話ですけど・・・
久しぶりに発酵マットを自作しました。。


以前は、生ごみ処理機で作成してました。
  ↑   ↑
   クリック
生ごみ処理機は、季節を問わず最高の発酵マット
が短時間で作れますし重宝してたのですけど・・
狭い我家では、嫁さんの顔色を伺うにも限界が
あり、数年前にクワ友さんに譲りました。


私は、衣装ケースではなく漬物容器の50型に
ビニール袋を入れて作っています。

マット1

漬物容器・ビニール袋を使用する以外は、一般的
な作成方法と一緒です^^

素材のマットに添加剤をよく混ぜ込んで
最後に水を投入しさらによく混ぜてから
蓋をします。。
マット2


今年のレシピは、クヌギの無添加一次発酵マット
と生ブナ1:1です。

最初の2週間で凄く熱を持ちます。
その後よく混ぜるのですが・・・
この発酵マット作成方法の利点は、撹拌するのが
簡単な事です。
50L程作りますので、力は少し要りますが
ビニール袋を持ち上げてドバッーと漬物容器に
再度入れるだけです、底のマットが表面に・・・
表面のマットが今度は、底の方になるイメージ
です。その時に空気に沢山触れますので、入れ
替えるだけで撹拌終了です。

漬物容器に2重にしたビニール袋を入れるのを
忘れないで下さいネ^^

どうしてこんな作成方法を採るのかと言うと・・
我家はマンションなので庭等で思いっきり作業が
出来ないのと匂いが漏れると、嫁さんから苦情が
くるからです。

この方法は、まず匂いが殆ど漏れませんし、
手で撹拌しませんので、床にマットがこぼれ
ませんのでオススメですヨ。。


マット3

今度は1週間に一度、ビニール入れ替えを行い
段々熱が冷めて匂いもいい感じになってきますと
さらに入れ替えを早めて仕上げます。

どうでしょうか?
フカフカで最高のマットが仕上がりました^^

私は幼虫に使用する前に、使う分量のマットに
トレハロースと水を投入&よく撹拌し2,3日
熟成させます。そうするとさらにいい感じに
なりますよ。

かなり端折って説明しましたが・・・
こんな感じです^^
マット4

トカラノコの幼虫
マット5

こんな感じで現在トカラノコの飼育に使っています。
マット6
トカラ




おまけ・・
今年、採集した熊本産ノコギリ
まだ生きてます^^
熊本産ノコ


スポンサーサイト
 
プロフィール

きのちゃん2

Author:きのちゃん2
日々の生活やクワ飼育をご紹介致します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ


FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
リンク用バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。